荏原昭子作品集 3 topへ



34.「八丁平の記憶」
数年以上前の11月植物観察会で八丁平を歩きました
ものすごい西風で立っていられないくらい、皆に支えてもらいました
りんどうなど色とりどりの草花がいっぱいでした。
でももうこれ以上思い出せない、、、
33.「流星群を見た夜」
沖原海岸の東屋のそばにシートをしいて
寝転んで流星を数えたり、願い事をさけんだりとてもにぎやか楽しい夜でした
32.「椿の花の下で」 
 小さいころ笹の小枝に落ちた椿の花をとおして飾ったり、
落ちてきた花の蜜をすったりして遊んだ思い出です
31.「寒い朝」
雄山に雪の降った朝、家族で山まで行って雪合戦を
してきた、、、などと話題が盛り上がります
30.「西風」
紅葉ではなく、西風や台風で落葉したはんの木を思い出しています
ついでにススキ、野菊、そして白波いっぱいの海
 
 
29.「つわぶき」
11月ころ崖一面に咲いていたり海辺にも良く見かけます
磯ぶきとも島の人はいい早春に茎を食べますね
28.「きいちご」
 
27.『あした葉畑』
はんの木の林のかげの風のあたらない半日陰の所であした葉が栽培されてます
 
 
25.「のうぜんかずら」 26.「エビネラン」
昨日出かけたらのうぜんかずらに出会えました
バスの窓から目を見張って覚えてきましたがどうですか?

パソコンの話